読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3兄弟くんのブログ

姉弟弟の健忘録

浜益の磯にて

仕事で忙しくしており、ブログ記事を書けていなかったのですが7月の半ばらへんにヒラメ狙いで浜益の磯に行ってきました。

 

f:id:sankyoudaikun:20160801193312j:image

 

 

 

 

同行者は前十字靭帯を損傷し松葉杖の弟①と釣り熱が冷めている弟②。

 

 

 

 

磯に着いたのは23時過ぎ。

 

先行者がいない事を確認し、釣り場につきます。

月明かりが眩しくうっすら目の前に潮目が出来ているのを確認出来ました。

 

 

 

何か良い感じかも……!!!

 

 

 

 

f:id:sankyoudaikun:20160801125041j:image

 

弟②は朝まずめになったら起こしてと車内待機。

弟①と竿を振ります。

 

 

この日は魚の活性が高かったのか、小ガヤや小ソイなどがびっくりするほど釣れます。

 

f:id:sankyoudaikun:20160801125100j:image

 

 

目の前から沖にかけて根がはっているのですが、その部分を通しても釣れるし足元でもガンガン釣れる。

小さいのがガンガン釣れます。

 

 

アクションは私がリフトアンドフォール、弟がジャーク?をしていましたが、あまり関係ないと思わせる釣果の差です。

活性が高いとどうにもこうにも釣れるのかな?

ワームは弟が赤色、私がピンク色でともに3.5インチくらい。

 

 

 

月明かりでぼわっと海面が照らされ神秘的な景色の中、魚は釣れ、なんて素敵な夜なんだろう。

 

仕事で嫌なことたくさんあるけれど、こうやって喧騒を忘れ釣りが出来るなんて癒されるなあ〜なんて考えながら、 あまり広い場所ではないというか釣り場としては狭いポイントで弟と場所を交代しながらのキャスト。

 

 

 

途中、釣り上げた小ソイに胃の中のオキアミをぶっかけられたりしながらも、時間は1時半過ぎ頃でしょうか、ワームを回収する際に足元2〜3mのところで急にもふんっと重くなりました。

 

 

ん?なんだろ、、ごみかな?

 

 

 

f:id:sankyoudaikun:20160801193144j:image

 ヒラメイタ

 

 

 

ヒラメイタ!!!!!!!

 

 

 

まーったく、上手く撮影出来ていないのですがなんともまあヒラメが釣れました。

 

 

いやー、びっくりした!!!!

サイズはちょうど40cmくらい。人によってはリリースするサイズかもしれませんが、今回はキープさせていただくことにしました。

 

 

いやー、ほんとびっくりです!まずめのタイミングでもなく、アクション中でもなく謎のタイミングで釣れて、正直釣ったよーーーー!って気持ちにはならなかった!

それでも、念願の初ヒラメ!

嬉しいことには変わりありません。

 

 

そこからは、私も弟も、もっとおるやろ!!!とキャストに熱が入りますが朝まずめに私がアブラコを釣り、納竿となりました。

 

 

アブラコ、ヒラメより引き強かったよ。。

 

 

f:id:sankyoudaikun:20160801193828j:image

 

f:id:sankyoudaikun:20160801193839j:image

 

 

 

ヒラメが釣れたのも、アブラコが釣れたのもDUOのビーチウォーカー14gピンク。

 

弟①に、コスパ悪いから買うのやめなと言われたけれどこっそり買ってよかった!

これなら釣れるんやろ!と自信をもって釣りが出来る、勝負下着をつけているような気分にさせてくれるワームです。

 

 

 

弟①は悔しがっていましたが、釣り熱が冷めている弟②はすぐ帰りたそうでした。

 

f:id:sankyoudaikun:20160801194327j:image

早く帰りたい弟②

「もー、俺先に車に行ってスティックパン食べてるからね〜」

 

 

眠気を押し殺しての帰りの運転、彼が食べるべきはスティックパンではなくミンティアだと思うのですが、そこは運転をしていただいている立場なので強くは出られません。

 

 

「スティックパン食べたらお腹一杯になっちゃって眠くなるよ?」

 

 

弟②「ゆっくり食べて家までもぐもぐしてたら眠くならないもん」

 

 

 

世の中にそんなうまい話はないんだよ!!!

 

 

 

ほら、また家まで1/4の距離くらいで食べ切っちゃって眠くなる。。。その作戦スティックパンが美味しいせいか意味ないんだよなー

 

 

 

 

夜通し釣りをする方は無理をせず、安全運転で帰路につかれてくださいね。

 

 

 

 

 

いやあ、それにしてもブリは釣れなかったけれどナブラもたっていたし、本当に良い感じの日!

潮回りも良くて、ここに来たら何か釣れるんじゃないかと思わせる磯!

私たちはラッキーでした。

 

 

 

 

 

 

そして、先日7月30日に弟①とまた甘い汁を啜ろうと訪れた際には死の磯へと変わっていたのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、夏枯れ?というやつなのでしょうか。

 

 

 

これからは、どこに何を釣りに行くか(何が釣れるのか)見当がつかない感じ。

 

 

 

 

ロックフィッシュは普通に出来るだろうし、ハモとかイカなのかな?

 

 

 

 

イカ、釣ってみたいなあ〜と夢見る姉でした。