読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3兄弟くんのブログ

姉弟弟の健忘録

帰省~ショアブリ~

また、お盆にあったことです。

今年は積丹でブリが釣れ、道北、オホーツクでもブリが釣れているというブリが凄い好調の年。

入院中姉が毎週買ってくれていた釣り新聞にも紋別沖やウトロ沖でブリ好調との記事がありました。


入院前に、小樽の南防波堤でイナダを釣り上げてからショアブリに魅了された弟①は実家に帰省した際にショアからブリを釣り、親父に自慢しようと考えてました。

結局、マス狙いで朝まずめは釣りをしていました。


天気がとてもよく、これはコロナ飲むしかないと姉と話し、町までわざわざ買いに行ってると姉が一人で釣りをしてるとLINEが来ました

あんたのために買いに行ってるんやで、何してるんってよく分からない関西弁でそのLINEに突っ込んだあと、コロナを準備して姉の元へ行きました。

f:id:sankyoudaikun:20160815171014j:plain


すっかりはまった穴釣りをしてるのを見てると、テトラポッドのすぐ近くでナブラ発生!!

あれはブリのナブラだと確信した僕は、まだ完全に回復していない右膝に鞭をいれながら釣り道具を取りに戻りました。

釣り座に戻って、姉が入れたら釣れる穴があるとか変なこと言ってるのをあしらい、姉とショアジギングです。

僕は持ってるルアーの中で一番ここらのベイトに似てそうなシマノのオシアペンシルを投げます。

姉にはサムライジグのピンクのやつ?を投げさせました。

買ったはいいがシンキングペンシルの使い方が全くわからない僕はすぐルアーチェンジ。

ノースクラフトのガンデウスを投げました。

釣れてないけどルアーアクションの真似事が出来るようになった弟①は姉から上手いねと誉められてニヤニヤしながら投げてました。

ルアーチェンジしてから3投目

足元でガツンとルアーに銀色の魚体が食いつくのが見えました!


「!!!」

「食ったー!!!」

本当に釣り上げる夢まで見たブリがかかりました。

「姉ーーー!タモーーー!」

と叫んだ瞬間

魚はぐぐぐーーーと下方向に潜り込み、

ジーーーとドラグが鳴ります。

足場の悪い中でタモを準備しようとした姉をチラ見してると

ふっっと軽くなります。

やばい!って思って急いで巻いたときには遅かったです。

たぶん自分の方向に走ったのか浮き上がってきたのか分かりませんが、ラインスラッグを回収するのが遅くてばらしてしまいました。


くそー!久し振りのブリなのに、これで終わりかーと思いながらも、やっとトップで食わせた嬉しさから姉にもプラグを勧めて再開です。

姉にライントラブルがあり、ノット組んであげようとしてる時に弟②がキレぎみで晩御飯が出来たから迎えに来ました。

彼は何度も姉と僕に着信を入れてくれていたようですが、釣りバカ二人はまったく気づきませんでした。

f:id:sankyoudaikun:20160815165726j:plain
(別の日の焼肉。ほぼ毎日炭たいてました。)

弟②はビア缶チキンを作ろうとしてくれてました。

聞いたところによると、ビア缶チキンはすぐ口だしてくる親父との戦いだったそうです。

親父「もう焼けた!」

弟②「まだじゃない?」

親父「中に入ってるビールももうないだろ!」

弟②「(本当かなー?まだだと思うなー)」

そんなやり取りの中、チキンをひっくり返すとまだまだ残ってたビールがびしゃーってなったそうです。

また、炭にチキンから出た油により何度も炎に包まれながらも作ってくれたビア缶チキンはとても美味でした。またお願いします。

こんな感じのとても幸せなお盆でした。


以上、ブリを釣りかけた話しでした。

戻りブリはまた積丹にでも狙いに行こうと計画してます。



次の帰省は9月の連休にアキアジ釣りに実家に行こうかなと思ってます。

弟①でした。

帰省~カラフトマス~

f:id:sankyoudaikun:20160815160553j:plain

お盆の間は帰省しておりました。

実家は道東にあるサケ・マス釣りの激戦区である漁港のすぐ近く。

姉、姉彼氏、弟①、弟②の4人での帰省です。

今回の目的はそろそろ上がり始めたカラフトマスを釣ること。

すっかりと釣りキチとなった姉と意気込んでの帰省でした。


あれは、忘れもしない土曜日の朝でした。

庭に立てた母が何故か買ったコールマンの5人用テントから朝3時過ぎに出発し、その5分後釣り座に到着しました。

f:id:sankyoudaikun:20160815163834j:plain
(庭に立てたテントの中から)


普段何時間も車を走らせて釣り場にいく私たちからしたら異例の早さでの到着に実家の立地の良さに姉共々震えました。

日の出前のまだ薄暗い時間からルアーにタコベイトとイカをつけ、キャストし始めました。

この時期のマスは魚数はいないけど、スレてなくルアーにも食いつくだろうとの算段です。

他のおじさんがたは浮きフカセ?で狙ってる模様。

僕は投げては足元でガヤとソイの猛攻に合いながらマスがかかるのを願いながら釣りしてました。

すると、

姉がいきなり

「弟①ーーー!」

「釣れたーーー!タモーーー!」 と叫びました。

ぱっと姉の方をみると竿を平行にして、

凄いぺっぴりごしで魚をかけている姉がいました。

タモを用意しようと、タモの方を一瞬見て、再度姉の方を見ると

ばらしてました。

その後は魚をかけた嬉しさとばらした悔しさでニヤニヤしながら釣りつづけましたが、結局なにもかからず仕舞い。

明るくなってからは、穴釣り選手権です。

f:id:sankyoudaikun:20160815162329j:plain

こんなガヤやアブラコが沢山つれました。

姉に至っては穴釣りが得意な特異体質らしく、入れたらすぐ釣る始末

釣りを教えた僕より釣りまくってました。



お盆の帰省でマスを釣りかけた話でした。


弟①

浜益の磯にて

仕事で忙しくしており、ブログ記事を書けていなかったのですが7月の半ばらへんにヒラメ狙いで浜益の磯に行ってきました。

 

f:id:sankyoudaikun:20160801193312j:image

 

 

 

 

同行者は前十字靭帯を損傷し松葉杖の弟①と釣り熱が冷めている弟②。

 

 

 

 

磯に着いたのは23時過ぎ。

 

先行者がいない事を確認し、釣り場につきます。

月明かりが眩しくうっすら目の前に潮目が出来ているのを確認出来ました。

 

 

 

何か良い感じかも……!!!

 

 

 

 

f:id:sankyoudaikun:20160801125041j:image

 

弟②は朝まずめになったら起こしてと車内待機。

弟①と竿を振ります。

 

 

この日は魚の活性が高かったのか、小ガヤや小ソイなどがびっくりするほど釣れます。

 

f:id:sankyoudaikun:20160801125100j:image

 

 

目の前から沖にかけて根がはっているのですが、その部分を通しても釣れるし足元でもガンガン釣れる。

小さいのがガンガン釣れます。

 

 

アクションは私がリフトアンドフォール、弟がジャーク?をしていましたが、あまり関係ないと思わせる釣果の差です。

活性が高いとどうにもこうにも釣れるのかな?

ワームは弟が赤色、私がピンク色でともに3.5インチくらい。

 

 

 

月明かりでぼわっと海面が照らされ神秘的な景色の中、魚は釣れ、なんて素敵な夜なんだろう。

 

仕事で嫌なことたくさんあるけれど、こうやって喧騒を忘れ釣りが出来るなんて癒されるなあ〜なんて考えながら、 あまり広い場所ではないというか釣り場としては狭いポイントで弟と場所を交代しながらのキャスト。

 

 

 

途中、釣り上げた小ソイに胃の中のオキアミをぶっかけられたりしながらも、時間は1時半過ぎ頃でしょうか、ワームを回収する際に足元2〜3mのところで急にもふんっと重くなりました。

 

 

ん?なんだろ、、ごみかな?

 

 

 

f:id:sankyoudaikun:20160801193144j:image

 ヒラメイタ

 

 

 

ヒラメイタ!!!!!!!

 

 

 

まーったく、上手く撮影出来ていないのですがなんともまあヒラメが釣れました。

 

 

いやー、びっくりした!!!!

サイズはちょうど40cmくらい。人によってはリリースするサイズかもしれませんが、今回はキープさせていただくことにしました。

 

 

いやー、ほんとびっくりです!まずめのタイミングでもなく、アクション中でもなく謎のタイミングで釣れて、正直釣ったよーーーー!って気持ちにはならなかった!

それでも、念願の初ヒラメ!

嬉しいことには変わりありません。

 

 

そこからは、私も弟も、もっとおるやろ!!!とキャストに熱が入りますが朝まずめに私がアブラコを釣り、納竿となりました。

 

 

アブラコ、ヒラメより引き強かったよ。。

 

 

f:id:sankyoudaikun:20160801193828j:image

 

f:id:sankyoudaikun:20160801193839j:image

 

 

 

ヒラメが釣れたのも、アブラコが釣れたのもDUOのビーチウォーカー14gピンク。

 

弟①に、コスパ悪いから買うのやめなと言われたけれどこっそり買ってよかった!

これなら釣れるんやろ!と自信をもって釣りが出来る、勝負下着をつけているような気分にさせてくれるワームです。

 

 

 

弟①は悔しがっていましたが、釣り熱が冷めている弟②はすぐ帰りたそうでした。

 

f:id:sankyoudaikun:20160801194327j:image

早く帰りたい弟②

「もー、俺先に車に行ってスティックパン食べてるからね〜」

 

 

眠気を押し殺しての帰りの運転、彼が食べるべきはスティックパンではなくミンティアだと思うのですが、そこは運転をしていただいている立場なので強くは出られません。

 

 

「スティックパン食べたらお腹一杯になっちゃって眠くなるよ?」

 

 

弟②「ゆっくり食べて家までもぐもぐしてたら眠くならないもん」

 

 

 

世の中にそんなうまい話はないんだよ!!!

 

 

 

ほら、また家まで1/4の距離くらいで食べ切っちゃって眠くなる。。。その作戦スティックパンが美味しいせいか意味ないんだよなー

 

 

 

 

夜通し釣りをする方は無理をせず、安全運転で帰路につかれてくださいね。

 

 

 

 

 

いやあ、それにしてもブリは釣れなかったけれどナブラもたっていたし、本当に良い感じの日!

潮回りも良くて、ここに来たら何か釣れるんじゃないかと思わせる磯!

私たちはラッキーでした。

 

 

 

 

 

 

そして、先日7月30日に弟①とまた甘い汁を啜ろうと訪れた際には死の磯へと変わっていたのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、夏枯れ?というやつなのでしょうか。

 

 

 

これからは、どこに何を釣りに行くか(何が釣れるのか)見当がつかない感じ。

 

 

 

 

ロックフィッシュは普通に出来るだろうし、ハモとかイカなのかな?

 

 

 

 

イカ、釣ってみたいなあ〜と夢見る姉でした。

 

 

 

 

悲しいとき

釣り初心者の私。

 

わかさぎ釣りしかしたことがなく、魚は行けば釣れるものだと思っていた私。

 

そんな私が釣りに海へ通いはじめ、魚は簡単には釣れないと気づいてからずーっと愛読しているブログが荒れてしまいました。

 

 

事の発端は、ポイントを晒すな。

 

 

ポイントを書く人、書かない人、書いて欲しくない人、誰が正しいとかではないですよね。

 

ただ、私を含め、初心者の方などはやはりブログ主の方のようにポイントやどのようなアクションで、どのようなルアーでこんな魚が釣れました!という記事のほうが勉強になるし面白い。釣り新聞を読むのとも違う。

また、ブログ主の方はとても文章の書き方が上手で暖かい人間性と冒険心と命や自然への敬意を感じるものでした。

 

 

あれからブログの更新は止まっています。

ブログを再開して欲しい気持ちもありますが、1番はこの事で釣りを嫌いにならず、ご友人や奥様と釣りに出掛けたり楽しく日々を過ごしていて欲しいなと思います。

 

 

 

この件で、色々と考えたときに元々は釣り人が大嫌いだったことも思い出しました。

実家の目の前が漁港で、鮭釣りでは名前が挙がるポイント。シーズンになれば引っ切り無しに人が出入りするのですが本当にマナーが悪い。

家族連れできては、夜遅くまで打ち上げ花火をし、近くにお手洗いがないので、あちらこちらに糞尿はたれながし。彼らが去ると港はゴミの山です。

空いた口が塞がらなかったのは、夜ライトを海面に当ててタモで鮭をすくっては筋子を取り身は捨てていたこと。

 

漁師さんの網を破いたりのトラブルがあってからは全面駐車禁止になったのですが、今度は私有地への違法駐車。

 

嫌いにならない理由が無いほどでした。

 

釣りを始めた当初も、桜鱒の釣り座の場所取り争いで辟易しました。

まるで、良く出るパチンコの台の争いみたい。

 

 

 

 

うーん、私は自分が釣りをするようになった今でもあまり釣り人というものが好きでは無いのかもしれません。

 

どこでも釣り人が出入りする場所は糸やタバコの吸殻やゴミ袋などで汚れていますしね。

 

そう考えると、自分が好んで行く場所を多くに広められると人の出入りが増え汚されるかもしれないという危機感が生まれるのも分かるのです。

 

 

 

考えがまとまらなくなってきましたが、1番はプロではない限りあくまで遊びなのだから、各々がルールとマナーを守り思いやりをもって楽しくやりましょうよ!ってことかなあ。

 

 

 

 

早く釣りに行きたいです。

 

 

 

 

 

鮃力

姉です。

 

おかしくなる時間10日間から始まる、恐怖の19連勤を乗り越えてようやく釣りに行けたのが

 2016年7月9日土曜日。

 

ヒラメを探しに浜益に向かいました。

 

当初は毘砂別のサーフ横の磯に入ろうとしたのですが、恐怖を覚えるほどの高波。

珍しく釣りに付き合ってくれた弟②と話し合った結果、漁港で竿を振ることにしました。

 

ヒラメに関しては、バイトが無ければランガンしたほうが良いと色んな方のブログや書籍で見かけますが、ランガンしようにも勘が無い事から灯台下の船道狙いで釣れるまで竿を振る作戦です。

 

ワームはパワーシャッドのミッドナイトグロウ、湾奥オレンジ、ピンクバック、チカチカ室蘭を用意しました。

 

 

 

0時過ぎに到着し黙々と竿を振ります。

 

 

 

 

私にも弟②にもアタリが無いまま時は過ぎ…

 

 

そして…

 

 

なんと…

 

 

 

釣れました。

 

 

f:id:sankyoudaikun:20160719234318j:image

 

 

弟②が。

 

 

 

 

 

「ねえ〜何か釣れたよーーー!!!多分ガヤーー!」と声を上げる弟②の竿を見るとギュインッと海面と垂直に曲がっています。

 

え?それシーバスロッドでしょ?

そんなに重いガヤ釣れたの…?

 

 

 

「いやー潜るわあ」と言いながらリールを巻く弟②。

ガヤって潜るんだーと見守る私。

 

 

おっ上がってくる!

 

お腹が白い、、これヒラメだ!!!!!

 

 

「ねえ、弟②!これヒラメだよ!!!!すごい!!!!!」

 

「まじで?!絶対にタモに入れて!!!!お願いだから!!!!」

 

 

よしきた!初タモ入れ!使い方が分からずそこから3分ほどヒラメの周りをタモでぐるぐるする時間が過ぎ、たくさんの海藻とともにヒラメは地上へと上がってきました。

 

 

弟②、私が買ったワームで、ちょろっと釣りに行くスタンスで何となーく65cm以上のヒラメを釣りました。

 

 

表層をただ引きで。

 

 

 

レンジを変え、ワームを変え試行錯誤していた私の隣で。

 

 

 

 

 

こんな事って、こんな事ってないよッッッッッ!!!!!!!!!!

 

 

 

 

その後、彼は私のチカチカ室蘭をフグに食べさせる遊びに没頭するのでした。

 

 

弟②「いやぁ、チカチカ室蘭人気だなあ〜」

 

 

 

 

 

翌週、7月17日

 

弟①と浜益リベンジに出掛けましたが、なーんにも釣れず。

朝まずめの時間帯にぞくぞくとヒラメ狙いの方が訪れていましたが、誰も釣れてはいないようでした。

 

7月18日

 

弟①は小樽の南防波堤でブリを釣った甘い記憶が忘れられないようで、一緒に夕まずめにかけて小樽にブリを探しに行きました。

 

ところがどっこい、南防波堤はすごい人。

急遽、祝津漁港に釣り場を変更しました。

 

潮目がくっきりと出ていて大潮、釣れる条件は揃っていると思うのですがこの日は会う人みんなが釣れないとぼやいており、それは祝津漁港も変わらず、、魚の気配がしません。

 

弟①は祝津の海に数個のルアーを捧げる儀式をこなした後早々と納竿し、私はそれを横目にワームの練習をしていました。

 

 

まあガヤの釣れること。

 

 

f:id:sankyoudaikun:20160720000821j:image

 

 

魚をあまり釣ったことのない私はガヤにオーバースペックのフッキングをかまし、命を奪ってしまったので2匹持ち帰りました。

 

持ち帰ったガヤは綺麗に鱗をとり、煮付けにしました。

f:id:sankyoudaikun:20160720001055j:image

 

ぐつぐつ

 

f:id:sankyoudaikun:20160720001113j:image

 

じゃーん。

 

ほら!なーんて、美味しそうなんでしょう。淡白な白身にあまじょっぱい味付けが絶妙に合います。

そう、弟②が釣ったヒラメにも劣らない味。

 

 

そう、、

 

 

 

そう、、、、

 

 

 

そう、、、、、、!!!私もヒラメ釣りたいッッ

 

 

 

堀田さんの本まで買ったんやで!!!!!!

 

 

 

 

来週もヒラメとブリを探しに出掛けたいと思います。

 

 

暇な3週間

弟①です。

入院してます。
前十字靭帯再建してます。

f:id:sankyoudaikun:20160710195208j:plain

こんな感じに切られました。痛みは驚くほどなく本当に手術したのか疑ってる最中です。

実は、皮膚を少し切っただけなんじゃないかと…


入院中は、お見舞いに来てくださる方が本を持ってきてくれました。

f:id:sankyoudaikun:20160710200153j:plain

靭帯の再建の間、趣味について勉強中です。


弟②がお見舞いを持ってきてくれました。
f:id:sankyoudaikun:20160710200315j:plain
f:id:sankyoudaikun:20160710200343j:plain

弟と笑いを堪えながら、病棟の待合室で黙々と作りました。

f:id:sankyoudaikun:20160710200451j:plain
(弟①作、イクラは○○亭のこぼれイクラをイメージ)

f:id:sankyoudaikun:20160710200612j:plain
(弟②作、決してパッケージの真似はしない盛付け)

ちゃんと残さず食べましたが、よく言えば懐かしい味ですね。悪く言うと美味しくないです。

小さい頃に似たような商品の物を作って食べてたのを思い出しました。


入院中は様々な方にお世話して頂いております。ありがとうございます。

今後とも、お世話よろしくお願い致します。



早く退院して、釣り行きたいです。

弟①

ちょい釣り

f:id:sankyoudaikun:20160628075625j:plain

2016/6/27

仕事を検査のために早退して、検査が終わったのが16時ちょい前、すこしだけでもと小樽の南防波堤へ行って来ました。

小樽へ向かう道中、なかなか潮目が出来てるのが見え、週末満足いく釣りが出来なかったことからもワクワクしながら車走らせました。

南防波堤基部の駐車場につくと停めるところがないくらい車で満杯。

防波堤にも等間隔で人が立ってる感じ。

竿をしゃくりまくってる動作から、皆ブリ狙ってるのかなーって思いながら、僕の信用してない小樽&夕まずめという事で軽装備で釣り座を探しにいきました。

防波堤をぷらぷらしてると何人かが、ブリっぽいものを持って帰るのが見え、やる気がだんだんと上昇。

防波堤中腹くらいに潮目もいい感じに入ってるところを発見。そこは人も近くにいないことからもそこに釣り座を構えました。

ジグを取りだし何投か投げてると、海面にはなにか小さい魚の群れが沢山いるし、バシャバシャ海面も騒がしい様子。

ジグをサムライジクのピンクに変え、カーブフォール中にグン!って引きが来ました。

釣れた!って思ってると、後ろから帰ろうとしていた釣り人にタモ入れるかい?って声かけてもらいました。

すくさまお願いをして、都度、焦るんじゃないよ!大丈夫だよ!とか色々アドバイスを頂きました。

ブリは何度も走りますね。竿を起こしてリールを巻き魚が走り、リールをすこし巻き魚が走りの繰り返しで何とかタモ入れできました。

f:id:sankyoudaikun:20160628083835j:plain

スレ掛かりでした。


魚をあげてからは、タモ入れしてくれたおじさんに魚の処理までやっていただきました。普段、ナイフとか持ち歩いてますが、この時は釣れないべと高をくくっていてなんも準備してませんでした。

おじさんには丁寧にお礼をいい、沸々と混み上がる喜びを噛み締めました。

帰宅後、測ってみました。

f:id:sankyoudaikun:20160628084153j:plain

DRESSって使ってはいるけど、測定値あまり信用ないですよね。ころころ変わる気がします。測り方の問題なのかな?

サイズ的にぎりイナダと呼べそうなものですかね。

今回の釣りでは、
・準備はしっかりとしないと、他人に迷惑をかける。今回は、良い方が手伝ってくれたけど自分で対処出来なきゃだめ。気が抜いたときに釣れたり事故が起きる
・小樽はたまには釣れる。イナダは防波堤先端から中腹くらいまで小魚追っかけ回してる。よくナブラ立つのは先端付近。

といったことを学びました。

準備不足については反省です。スレ掛かりだったけど、釣ったなら自分で命を頂くところまでやりきりたいですね。

積丹で釣りをすれば釣れなくても満足する病気は未だ治らないので、今週末こそ積丹で釣りしたいな。

イナダはとても美味しかったです。

今度は兄弟揃ったときに釣って見せつけたいな。

タモ入れのおじさんありがとうございました。

弟①