読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3兄弟くんのブログ

姉弟弟の健忘録

悲しいとき

釣り初心者の私。

 

わかさぎ釣りしかしたことがなく、魚は行けば釣れるものだと思っていた私。

 

そんな私が釣りに海へ通いはじめ、魚は簡単には釣れないと気づいてからずーっと愛読しているブログが荒れてしまいました。

 

 

事の発端は、ポイントを晒すな。

 

 

ポイントを書く人、書かない人、書いて欲しくない人、誰が正しいとかではないですよね。

 

ただ、私を含め、初心者の方などはやはりブログ主の方のようにポイントやどのようなアクションで、どのようなルアーでこんな魚が釣れました!という記事のほうが勉強になるし面白い。釣り新聞を読むのとも違う。

また、ブログ主の方はとても文章の書き方が上手で暖かい人間性と冒険心と命や自然への敬意を感じるものでした。

 

 

あれからブログの更新は止まっています。

ブログを再開して欲しい気持ちもありますが、1番はこの事で釣りを嫌いにならず、ご友人や奥様と釣りに出掛けたり楽しく日々を過ごしていて欲しいなと思います。

 

 

 

この件で、色々と考えたときに元々は釣り人が大嫌いだったことも思い出しました。

実家の目の前が漁港で、鮭釣りでは名前が挙がるポイント。シーズンになれば引っ切り無しに人が出入りするのですが本当にマナーが悪い。

家族連れできては、夜遅くまで打ち上げ花火をし、近くにお手洗いがないので、あちらこちらに糞尿はたれながし。彼らが去ると港はゴミの山です。

空いた口が塞がらなかったのは、夜ライトを海面に当ててタモで鮭をすくっては筋子を取り身は捨てていたこと。

 

漁師さんの網を破いたりのトラブルがあってからは全面駐車禁止になったのですが、今度は私有地への違法駐車。

 

嫌いにならない理由が無いほどでした。

 

釣りを始めた当初も、桜鱒の釣り座の場所取り争いで辟易しました。

まるで、良く出るパチンコの台の争いみたい。

 

 

 

 

うーん、私は自分が釣りをするようになった今でもあまり釣り人というものが好きでは無いのかもしれません。

 

どこでも釣り人が出入りする場所は糸やタバコの吸殻やゴミ袋などで汚れていますしね。

 

そう考えると、自分が好んで行く場所を多くに広められると人の出入りが増え汚されるかもしれないという危機感が生まれるのも分かるのです。

 

 

 

考えがまとまらなくなってきましたが、1番はプロではない限りあくまで遊びなのだから、各々がルールとマナーを守り思いやりをもって楽しくやりましょうよ!ってことかなあ。

 

 

 

 

早く釣りに行きたいです。

 

 

 

 

 

鮃力

姉です。

 

おかしくなる時間10日間から始まる、恐怖の19連勤を乗り越えてようやく釣りに行けたのが

 2016年7月9日土曜日。

 

ヒラメを探しに浜益に向かいました。

 

当初は毘砂別のサーフ横の磯に入ろうとしたのですが、恐怖を覚えるほどの高波。

珍しく釣りに付き合ってくれた弟②と話し合った結果、漁港で竿を振ることにしました。

 

ヒラメに関しては、バイトが無ければランガンしたほうが良いと色んな方のブログや書籍で見かけますが、ランガンしようにも勘が無い事から灯台下の船道狙いで釣れるまで竿を振る作戦です。

 

ワームはパワーシャッドのミッドナイトグロウ、湾奥オレンジ、ピンクバック、チカチカ室蘭を用意しました。

 

 

 

0時過ぎに到着し黙々と竿を振ります。

 

 

 

 

私にも弟②にもアタリが無いまま時は過ぎ…

 

 

そして…

 

 

なんと…

 

 

 

釣れました。

 

 

f:id:sankyoudaikun:20160719234318j:image

 

 

弟②が。

 

 

 

 

 

「ねえ〜何か釣れたよーーー!!!多分ガヤーー!」と声を上げる弟②の竿を見るとギュインッと海面と垂直に曲がっています。

 

え?それシーバスロッドでしょ?

そんなに重いガヤ釣れたの…?

 

 

 

「いやー潜るわあ」と言いながらリールを巻く弟②。

ガヤって潜るんだーと見守る私。

 

 

おっ上がってくる!

 

お腹が白い、、これヒラメだ!!!!!

 

 

「ねえ、弟②!これヒラメだよ!!!!すごい!!!!!」

 

「まじで?!絶対にタモに入れて!!!!お願いだから!!!!」

 

 

よしきた!初タモ入れ!使い方が分からずそこから3分ほどヒラメの周りをタモでぐるぐるする時間が過ぎ、たくさんの海藻とともにヒラメは地上へと上がってきました。

 

 

弟②、私が買ったワームで、ちょろっと釣りに行くスタンスで何となーく65cm以上のヒラメを釣りました。

 

 

表層をただ引きで。

 

 

 

レンジを変え、ワームを変え試行錯誤していた私の隣で。

 

 

 

 

 

こんな事って、こんな事ってないよッッッッッ!!!!!!!!!!

 

 

 

 

その後、彼は私のチカチカ室蘭をフグに食べさせる遊びに没頭するのでした。

 

 

弟②「いやぁ、チカチカ室蘭人気だなあ〜」

 

 

 

 

 

翌週、7月17日

 

弟①と浜益リベンジに出掛けましたが、なーんにも釣れず。

朝まずめの時間帯にぞくぞくとヒラメ狙いの方が訪れていましたが、誰も釣れてはいないようでした。

 

7月18日

 

弟①は小樽の南防波堤でブリを釣った甘い記憶が忘れられないようで、一緒に夕まずめにかけて小樽にブリを探しに行きました。

 

ところがどっこい、南防波堤はすごい人。

急遽、祝津漁港に釣り場を変更しました。

 

潮目がくっきりと出ていて大潮、釣れる条件は揃っていると思うのですがこの日は会う人みんなが釣れないとぼやいており、それは祝津漁港も変わらず、、魚の気配がしません。

 

弟①は祝津の海に数個のルアーを捧げる儀式をこなした後早々と納竿し、私はそれを横目にワームの練習をしていました。

 

 

まあガヤの釣れること。

 

 

f:id:sankyoudaikun:20160720000821j:image

 

 

魚をあまり釣ったことのない私はガヤにオーバースペックのフッキングをかまし、命を奪ってしまったので2匹持ち帰りました。

 

持ち帰ったガヤは綺麗に鱗をとり、煮付けにしました。

f:id:sankyoudaikun:20160720001055j:image

 

ぐつぐつ

 

f:id:sankyoudaikun:20160720001113j:image

 

じゃーん。

 

ほら!なーんて、美味しそうなんでしょう。淡白な白身にあまじょっぱい味付けが絶妙に合います。

そう、弟②が釣ったヒラメにも劣らない味。

 

 

そう、、

 

 

 

そう、、、、

 

 

 

そう、、、、、、!!!私もヒラメ釣りたいッッ

 

 

 

堀田さんの本まで買ったんやで!!!!!!

 

 

 

 

来週もヒラメとブリを探しに出掛けたいと思います。

 

 

暇な3週間

弟①です。

入院してます。
前十字靭帯再建してます。

f:id:sankyoudaikun:20160710195208j:plain

こんな感じに切られました。痛みは驚くほどなく本当に手術したのか疑ってる最中です。

実は、皮膚を少し切っただけなんじゃないかと…


入院中は、お見舞いに来てくださる方が本を持ってきてくれました。

f:id:sankyoudaikun:20160710200153j:plain

靭帯の再建の間、趣味について勉強中です。


弟②がお見舞いを持ってきてくれました。
f:id:sankyoudaikun:20160710200315j:plain
f:id:sankyoudaikun:20160710200343j:plain

弟と笑いを堪えながら、病棟の待合室で黙々と作りました。

f:id:sankyoudaikun:20160710200451j:plain
(弟①作、イクラは○○亭のこぼれイクラをイメージ)

f:id:sankyoudaikun:20160710200612j:plain
(弟②作、決してパッケージの真似はしない盛付け)

ちゃんと残さず食べましたが、よく言えば懐かしい味ですね。悪く言うと美味しくないです。

小さい頃に似たような商品の物を作って食べてたのを思い出しました。


入院中は様々な方にお世話して頂いております。ありがとうございます。

今後とも、お世話よろしくお願い致します。



早く退院して、釣り行きたいです。

弟①

ちょい釣り

f:id:sankyoudaikun:20160628075625j:plain

2016/6/27

仕事を検査のために早退して、検査が終わったのが16時ちょい前、すこしだけでもと小樽の南防波堤へ行って来ました。

小樽へ向かう道中、なかなか潮目が出来てるのが見え、週末満足いく釣りが出来なかったことからもワクワクしながら車走らせました。

南防波堤基部の駐車場につくと停めるところがないくらい車で満杯。

防波堤にも等間隔で人が立ってる感じ。

竿をしゃくりまくってる動作から、皆ブリ狙ってるのかなーって思いながら、僕の信用してない小樽&夕まずめという事で軽装備で釣り座を探しにいきました。

防波堤をぷらぷらしてると何人かが、ブリっぽいものを持って帰るのが見え、やる気がだんだんと上昇。

防波堤中腹くらいに潮目もいい感じに入ってるところを発見。そこは人も近くにいないことからもそこに釣り座を構えました。

ジグを取りだし何投か投げてると、海面にはなにか小さい魚の群れが沢山いるし、バシャバシャ海面も騒がしい様子。

ジグをサムライジクのピンクに変え、カーブフォール中にグン!って引きが来ました。

釣れた!って思ってると、後ろから帰ろうとしていた釣り人にタモ入れるかい?って声かけてもらいました。

すくさまお願いをして、都度、焦るんじゃないよ!大丈夫だよ!とか色々アドバイスを頂きました。

ブリは何度も走りますね。竿を起こしてリールを巻き魚が走り、リールをすこし巻き魚が走りの繰り返しで何とかタモ入れできました。

f:id:sankyoudaikun:20160628083835j:plain

スレ掛かりでした。


魚をあげてからは、タモ入れしてくれたおじさんに魚の処理までやっていただきました。普段、ナイフとか持ち歩いてますが、この時は釣れないべと高をくくっていてなんも準備してませんでした。

おじさんには丁寧にお礼をいい、沸々と混み上がる喜びを噛み締めました。

帰宅後、測ってみました。

f:id:sankyoudaikun:20160628084153j:plain

DRESSって使ってはいるけど、測定値あまり信用ないですよね。ころころ変わる気がします。測り方の問題なのかな?

サイズ的にぎりイナダと呼べそうなものですかね。

今回の釣りでは、
・準備はしっかりとしないと、他人に迷惑をかける。今回は、良い方が手伝ってくれたけど自分で対処出来なきゃだめ。気が抜いたときに釣れたり事故が起きる
・小樽はたまには釣れる。イナダは防波堤先端から中腹くらいまで小魚追っかけ回してる。よくナブラ立つのは先端付近。

といったことを学びました。

準備不足については反省です。スレ掛かりだったけど、釣ったなら自分で命を頂くところまでやりきりたいですね。

積丹で釣りをすれば釣れなくても満足する病気は未だ治らないので、今週末こそ積丹で釣りしたいな。

イナダはとても美味しかったです。

今度は兄弟揃ったときに釣って見せつけたいな。

タモ入れのおじさんありがとうございました。

弟①

敗戦v.s.ブリ?(たぶんブリ)

2016年6月18-19日 毎週末の楽しみの釣りをしています。

土曜日の朝まずめ夕まずめと日曜日の朝まずめは毘沙別海岸、浜益導流堤、浜益漁港で散々ヒラメを探しましたが、釣れたのはうぐいのみ。

前日までの雨の影響で向かい風だったり、潮目なかったり釣れない感じぷんぷんでした。

ヒラメを釣りに浜益へ行きたい姉とせっかくブリ用にラインをPEに変えたからブリを釣りに西積丹へ行きたい弟①の意見の相違により、姉には内緒で日曜の夕まずめは西積丹へ行って来ました。
道中、姉に釣りにいってるのばれました。車に監視カメラでも付いてるのかと思いました。


f:id:sankyoudaikun:20160619220629j:plain

久しぶりとなる西積丹へ心踊らせながら神恵内村にある磯へ行って来ました。

f:id:sankyoudaikun:20160619220742j:plain

着くといい感じに潮が流れており、来週の朝まずめのための練習地とすることに決定

f:id:sankyoudaikun:20160619221054j:plain


f:id:sankyoudaikun:20160619221035j:plain

道すがら買った撃投ジグを投げて練習してました。
浜益でうぐいが釣れたルアーとアクションをしてるといきなりドン!と根掛かりしたようなアタリがありました。

きたーーーー!

一人で叫びます。周りには他の釣り人さえもいません。

(ブリだ!)

(やばいよ。釣れちゃったよ!)

(おー下へ潜る!)

(PEラインにしたから擦れて切れたらやだなー)

(よし!ごり巻きだ!)

竿を立ててごりごりリールを巻いてるとふっと軽くなりました。


あーーーーーーー!

って何も付いてないルアーを見た瞬間積丹の磯で叫びました。魚の姿も見れませんでした。


そのあとは、同じルアーで同じアクションを繰り返そうとしますけど、久しぶりの魚とのファイトとか狙ったポイントで釣りかけた嬉しさで何もうまくいきません。

そうこうしてるうちに波が高くなり、一人での釣りだったので帰宅することにしました。

帰り道はずっとなんでフックアウトしたのか考えてました。


ルアーのリアフックがトレブルフックだったから抜けたのか、特にフッキングらしいことしてないからか、色々考えてるうちに帰札しました。


魚の姿が見えてないので、ブリではないかもしれませんが、ブリが釣れそうだったと楽観視して来週も積丹でショアブリしようかなと思います。


楽しかったー


来週の土日は姉抜きで弟②と積丹泊かなー

兄弟3人なかなか揃って釣りいけないなー

ブリ釣れるといいなー


弟①でした。

朝の散歩

こんにちは。


今週も懲りずに朝早く起きて海辺を日の出くらいの時間帯に竿を持って歩く遊び(釣り)をしています。

因みに魚は釣れませんでした。

この週末の土曜日は、姉と白老へ行って参りました。釣りしたのは別々川の右側導流堤でサクラマス釣ってました。あそこは導流堤のすぐそこ(3m以内)を魚が跳ねるんですね。見向きもしてくれませんでした。

6時くらいまで釣りをして姉が仕事のためもうダッシュで帰札し、僕は仮眠をとってから積丹でブリが釣れてるという噂を信じて久しぶりの積丹へ出発しました。

途中同僚2人と合流後、僕の数少ないポイントの知識をフルに使って夕まずめをしたのはアキアジ場でした。あそこは奥は砂地と聞いていたので、ショアブリの練習(重いルアーを投げる、アクションの真似事をしてみる)にはいいと思いました。

まぁ一通り練習を終え、積丹の湯で汗を長し、車中泊をして朝まずめの舞台と選んだのはここです。

f:id:sankyoudaikun:20160612201142j:plain

アキアジ場の近くの駐車場です。またやって来ました。朝まずめはアキアジ場はやめてその反対にあるジュウボウ岬を目指しました。

f:id:sankyoudaikun:20160612221551j:plain

矢印のある隙間から外海側を目指しました。ほぼロッククライミングでした。

f:id:sankyoudaikun:20160612221647j:plain

なんとか先端の方までたどり着いて釣りしてましたが、釣れる気もしないし早々に辞めて車へ戻りました。

f:id:sankyoudaikun:20160612222622j:plain

今回の釣りで気づいたことは、
ルアーアクションなるものをするためには道糸がナイロンだとほぼうまくいかないということでした。糸が伸びてまったく思い通りに動かせません。
あと、ちゃんと下調べを完璧にしないと思ったようなポイントへ行けないということでした。


小さい頃から慣れしたんだナイロンでいつも勝負してましたが、そろそろナイロンからの卒業を考えてます。

帰り道に気付きましたが、とてもたくさん毛虫がいました。
f:id:sankyoudaikun:20160612222821j:plain


車に戻ったあとは、近くの神岬漁港でおやつを食べながらガヤと戯れてました。ワームをセットし、ポテチをたべ、リールを巻き、ポテチをたべ、根掛かりをなんとか解消させ、ポテチをたべ、根掛かりをなんとか解消させ、ポテチをたべの繰返しをしてました。

f:id:sankyoudaikun:20160612222223j:plain

ヤリイカがいました。エギを横切らして遊びました。
f:id:sankyoudaikun:20160612222507j:plain

魚は釣れなかったけど、楽しい週末でした。来週も何処かで釣りしてるでしょう。こんどは姉と弟②と行きたいですね。弟②は来週も調査でいないらしいですが。

ブリ釣りたいです。

弟①でした。

やっとこさ

2016年5月27・28日

またまたサクラマスを狙いに石狩方面へ姉と弟①で車走らせてました。

向かった先は先週ほぼ一ヶ月ぶりに魚(アメマス)が釣れた千代志別。アメマスが釣れるところはサクラマスも釣れるという姉理論に従い土曜日の朝出撃です。

土曜日朝、現地到着してみると

f:id:sankyoudaikun:20160530074729j:plain
(写真は浜益海岸)


波がえぐい…こんなんじゃ釣りできない…

浜益海岸や毘沙別を見てみるも釣りしたとしても釣れないだろうって感じでした。
浜益海岸にいた釣り人によると浜益でヒラメも上がり始めたようです。

せっかく来たし竿ふりたいなってことで浜益漁港でルアーを投げる練習して帰宅しました。帰宅しているとき、ほぼ気持ちだけで走っているようなお爺ちゃんがいました。レベル高すぎです。

f:id:sankyoudaikun:20160530075131j:plain
(浜益漁港で投げる練習をする姉)


日曜日の朝昨日のリベンジ(ずっとサクラマスリベンジし続けてますが…)として、もう一度千代志別へ

現着して車の中で少し仮眠をとってから、まず、なかなか波が高かったけど先週アメマスが釣れたテトラポッドから投げ練スタート。

一時間ほど練習しても潮目どこ?波高くない?怖くない?状態。

すると河口の方で何かが釣れているのを目撃。

アメマスかな?って感じだけど今日の正解は河口だ!ってことになり河口横で練習再開。

釣れてた人の横に入らせてもらい釣り開始。

釣りはじめてすぐ横目で魚が跳ねるのを目撃。

あれ?跳ねたのか?幻想か?釣りたすぎて幻を見たのかと考えながらひたすら竿を振ってました。

ルアーを様々なブロガーの方々が使ってサクラマス釣り上げてるリセント KJ-11 オオナゴに変えて5投目くらいで
f:id:sankyoudaikun:20160530082156j:plain
(写真は帰宅後撮影)

やっとこさ釣り上げました。

跳ねるのを目撃した近くでかかりました。波が崩れるかけあがり?となっているところです。

ひっそりと魚を取り込み自分の指をナイフで指しながら魚を締めたあと、遠くで釣りをしてる姉に報告。

釣れた場所、ヒットルアーを姉に譲り、止血などをしながら釣り再開。

その後は自分、姉の竿に異常なく釣り終了。

途中、はしっこで釣りをしていた方がいきなり走り始め波にほぼ見えなくなるくらい海と戯れてました。波に持ってかれるんじゃないかと思うくらい戯れてました。レベル高すぎです。

弟①だけ釣れて不貞腐れてる姉を連れて郡別川河口で釣りするも釣れない雰囲気ぷんぷんで日曜日の朝は釣り終了しました。

その後、夕まずめに姉と西興部から遊びに来た弟②が再度釣りにいったそうですが、釣れなかったみたいです。

今週も楽しい休日でした。来週は姉が釣れることだけを祈ってます。釣れなくても不貞腐れないでください。

弟①